Get the look with Plastic surgery

推薦サイト集g

ヒアルロン酸を胸に注射する豊胸

プチ整形が話題になっていますが豊胸手術もプチ豊胸というプチ整形があります。
有名なプチ豊胸術は、ヒアルロン酸注入法です。

ヒアルロン酸は体内にも存在する成分なのでより安全に手術をすることができます。
約100ccから200ccのヒアルロン酸を胸に注射することで1~1.5カップほどのバストアップが可能です。

一気に大きくするわけではないので、周囲から気づかれにくいでしょう。
約10~20分ほどの短時間で終了し、入院もする必要がありませんので体の負担が少ないと言われています。

豊胸手術後のマッサージやアフターケアが必要ありませんが、持続は1年ほどと言われています。

その日に帰宅できる豊胸

入院するとなると、何日も予定を入れる事ができない事もあるでしょう。しかし豊胸の手術においては、その日に帰宅できる場合も多い様です。その日に帰宅できる豊胸は、リラックスできる環境で、くつろぐ事ができるというのはいい点ですが、すぐに美容外科で診察を受ける必要がある場合には、何度も行き来しないといけない事もあります。

もし豊胸を受けた事により異変を感じたら、夜中でも相談できる様になっている美容外科が多い様ですので、眠れないほどの問題が発生した場合などには、相談してみましょう。豊胸を受ける事に対して長い時間を確保する事が難しい人であったとしても、短時間の豊胸手術であれば受ける事ができるでしょう。

美容整形、豊胸手術のよくあるトラブル

美容整形でよくある豊胸手術としてシリコンバッグによる方法が一般的ですが、 これは、好みのサイズにバストアップ出来る点では優れた手法ですがリスクもあります。 代表的なトラブルの例を挙げたいと思います。

①胸が硬くなる
体に人工物が挿入された際の異物反応としてバッグの周りに被膜が出来ます。 これが時間の経過とともに硬くなると、胸自体が弾力の無い硬い胸になってしまいます。 ②バッグの破損
外部からの衝撃によってバッグが破損することもあります。 ③胸に段差が出来てしまう もともとのアンダーバストの上に新しいアンダーバストが出来てしまうことがあります。 こうなると見た目的にもかなりやっかいです。

美容整形で豊胸する際には術後のリスクにも充分注意しましょう。

脂肪注入豊胸手術のメリット

大阪など多くの都市には、豊胸手術ができる施設があります。豊胸を行う際には、様々な方法がありますが、脂肪注入をすることで、より豊かな胸にすることができます。それだけでなく、自然な雰囲気と手触りになるため、後々誰かにばれてしまうということがすくないというメリットもあります。

豊胸手術をしても、そのことが誰かにわかるような状態では元も子もありません。よりわかりにくくできるように考えることが重要です。そして、体質にもよりますが、手入を怠らなければ、長期にわたってその旨の美しさを保っていくことも不可能ではないです。

いろいろな豊胸手術

医療の進化とともに、美容整形の施術の種類も増加傾向にあります。特に豊胸手術においてはプチ整形として知られるヒアルロン酸注入の施術の他に、シリコンバック挿入による施術や、脂肪吸引による脂肪注入法、ハイブリッド豊胸などがあります。また、同じ施術であっても、美容外科やクリニックによってはやり方が異なり、どのように病院選びをした方がいいのか迷う人も多いと思います。

一番確実なのは症例の実績が多いドクターにお願いする事だと思います。また、口コミを見たりカウンセリングを熱心に受けていく事が、成功への道につながる事と言えます。

美容整形における豊胸の種類とは

美容整形をおこなっていく中で、どのような施術にしていくかは迷う人もいるかと思います。特に豊胸手術の場合には、さわり心地や全身とのバランスも大きく関わってきますので、選ぶ施術によって大きく印象は変わってきます。

施術の種類としては自身の脂肪を吸引しておこなう脂肪注入法と、シリコンバックを挿入する方法、プチ整形として知られるヒアルロン酸の注入方法。大きく分けてこの3点の施術方法がり、三者三様でメリットデメリットがあります。それぞれの良さを十分に理解する為に、しっかりとしたカウンセリングを受けてから施術を受けることです。

公益社団法人 東京都医師会

〒101-8328 東京都千代田区神田駿河台2-5 TEL:03-3294-8821

https://www.tokyo.med.or.jp/

豊胸手術・脂肪注入の関連記事